コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトヘモグロビン methemoglobin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メトヘモグロビン
methemoglobin

ヘモグロビンが酸化されたもの。 met Hbと略す。ヘモグロビン分子では,そのヘム基中の鉄は保護されていて2価 Fe2+ を保ち,酸素と結合したときにも酸素化 (Fe2+ ・ O2) するのみであるが,先天的異常ヘモグロビン症では酸化が行われて,鉄が3価となる (Fe3+) 。これがメトヘモグロビンであって,正常のヘモグロビンと異なり,暗紫色を帯びる。メトヘモグロビンは酸素結合能力を欠くので,メトヘモグロビンが,生理的な範囲をこえて増加した状態 (メトヘモグロビン血症) では貧血症状を呈する。正常人でも,ヘモグロビンの一部分は酸素に触れてメトヘモグロビン化するが,赤血球内の還元酵素系の働きによってヘモグロビンに戻る。したがって還元系に異常のある場合にもメトヘモグロビンが次第に蓄積し,貧血症状を呈する。メトヘモグロビン血症には,遺伝性のものと後天性のものとがある。遺伝性の場合,誕生時からチアノーゼを示す。後天性のものは,薬剤や化学物質 (硝酸塩,塩素酸塩,アミノベンゼン,ニトロベンゼンなど) によって起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

メトヘモグロビン

 ヘモグロビンの鉄は2価であるが,それが酸化されて3価になった形のヘモグロビン.酸素結合能はない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

メトヘモグロビンの関連キーワード硝酸性窒素類・亜硝酸性窒素類(Nitrateニトロクロロベンゼン中毒メトヘモタンパク質ピラゾロン系薬中毒アセトアミノフェンアニリン系薬中毒ニトログリセリン赤血球酵素異常症フェナセチンアニリン中毒異常血色素症亜硝酸性窒素硝酸性窒素プロミン小児貧血パマキンヘマチン黒血症地下水

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android