コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メフメット5世 メフメットごせいMehmet V

1件 の用語解説(メフメット5世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メフメット5世
メフメットごせい
Mehmet V

[生]1844.11.2. イスタンブール
[没]1918.7.3. イスタンブール
オスマン帝国第 35代スルタン (在位 1909~18) 。レシャトの名でも知られている。スルタン,アブドゥル・メジト1世の息子で,アブドゥル・ハミト2世の弟。高齢で即位したため心身ともに無気力で,9年間の在位中は政治結社青年トルコ」 (→青年トルコ革命 ) の意のままにあやつられた。治世中,リビアトリポリ,およびバルカン領土の大半を失い,エンベルらの親独政策を押えきれず,第1次世界大戦に枢軸側から参戦して敗北し,オスマン帝国の滅亡を早めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メフメット5世の関連キーワード曲芸井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係米中関係新聞小説探偵小説

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone