メラニー クライン(英語表記)Klein Melanie

20世紀西洋人名事典の解説

メラニー クライン
Klein Melanie


1882 - 1960
オーストリア,ハンガリー,英国の精神分析者。
ウィーン生まれ。
A.フロイトと並ぶ児童分析の創始者で、ブタペストで精神分析を学び、1925年ロンドンに移住。A.フロイトらの正統派児童分析と異なり、児童分析の臨床を通し独自の理論を発展させてクライン学派を生む。乳幼児期の母子関係を重視し、ごっこ遊び、水いたずらなどの子供の遊びを利用する方法を創案、2歳くらいの幼児でも精神分析が可能であること、満2歳までに超自我の先駆形態が出現することなどを主張した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

メラニー クライン

生年月日:1882年3月30日
イギリスの女流精神分析家
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android