コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メランコリアI

デジタル大辞泉プラスの解説

メランコリアI

ドイツ、ルネサンスの画家・版画家アルブレヒト・デューラーの銅版画(1514)。原題《Melancholia I》。題名は古代ギリシャのヒポクラテスによる体液によって分類された四気質のうち、憂鬱質(黒胆汁質)を意味する。頬杖をついて思索にふける天使の姿を描いたもの。デューラーの代表作の一つ。熊本県立美術館等所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android