コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メランコリアI(ワン)

1件 の用語解説(メランコリアI(ワン)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

メランコリアI(ワン)

ドイツ、ルネサンスの画家・版画家アルブレヒト・デューラーの銅版画(1514)。原題《Melancholia I》。題名は古代ギリシャヒポクラテスによる体液によって分類された四気質のうち、憂鬱質(黒胆汁質)を意味する。頬杖をついて思索にふける天使の姿を描いたもの。デューラーの代表作の一つ。熊本県立美術館等所蔵。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone