コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリト Melitōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリト
Melitōn

2世紀に在世した小アジア,サルディスの司教。エフェソスの司教ポリュクラテスは「小アジアの偉大な光」とたたえている。著作の名は 20あまり伝えられるが,残存しているのはローマ皇帝マルクス・アウレリウスにあてたキリスト教弁護論の断片と4世紀のパピルス写本 (ギリシア語コプト語) から発見されたキリストの受難についての説教である。前者では,キリストの生誕とアウグスツスによるパックス・ロマーナの確立の年代上の合致を神の摂理によるものとみなしており,教会と帝国を調和させようとする意図がうかがわれ,後者ではユダヤ教における過越祭 (すぎこしのまつり) をキリスト教の復活祭の予型と解している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メリトの関連キーワード多元化する「能力」と日本社会イオシフ トラハテンベルグベンゼンヘキサカルボン酸糖尿病という病名の由来トラハテンベルグネフェルティティメリットクラシーザポロージエ州ラフィノース谷口 豊三郎メリトーポリ石橋 正二郎大久保 伝蔵池浦 喜三郎北沢 敬二郎河上 鈴子古垣 鉄郎大屋 政子堀田 庄三チュフライ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android