メルケル細胞(読み)メルケルサイボウ

デジタル大辞泉「メルケル細胞」の解説

メルケル‐さいぼう〔‐サイバウ〕【メルケル細胞】

皮膚表皮最下層にある、球形または卵円形細胞感覚神経末端と接し、軽い接触の感知に関与するとされる。指先・口唇・毛包など、感覚の鋭敏な部位に多く存在。名称は発見者であるドイツの解剖学者フリードリヒ・シグムンド・メルケル(1845~1919)に由来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android