メルケル細胞(読み)メルケルサイボウ

デジタル大辞泉 「メルケル細胞」の意味・読み・例文・類語

メルケル‐さいぼう〔‐サイバウ〕【メルケル細胞】

皮膚表皮最下層にある、球形または卵円形細胞感覚神経末端と接し、軽い接触の感知に関与するとされる。指先・口唇・毛包など、感覚の鋭敏な部位に多く存在。名称は発見者であるドイツの解剖学者フリードリヒ・シグムンド・メルケル(1845~1919)に由来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典 「メルケル細胞」の解説

メルケル細胞

 メルケル触細胞ともいう.触覚細胞の一つで,表皮と外毛根鞘の基底層に分布している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android