コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感知 カンチ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ち【感知】

[名](スル)感じとること。気づくこと。「身の危険を感知する」「地震を感知する装置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんち【感知】

( 名 ) スル
感づくこと。気付くこと。外界などの変化に直観的に心に感じて知ること。 「隠れた事実を-する」 「火災-器」 → 関知(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

感知の関連キーワードアクティブレーダーホーミングインテリジェントカートレンド対応型企業パッシブホーミングDriveEye自動火災報知設備スマートセンサースマートバッグ卵形嚢・卵形囊球形嚢・球形囊感震ブレーカークリオピリンフィトクロム宏観異常現象気流ロボット布量センサー化学受容器火災報知機金属探知機火災警報器

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感知の関連情報