コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンタリング制度

1件 の用語解説(メンタリング制度の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

メンタリング制度

・主に、新入社員や入社して間もない従業員に対して、組織として関与する上司や役職者ではなく、関与度の低い他部門の人材や先輩(役職の無い人材)をメンターとして任命し、日頃の悩み相談やキャリアパスの見本となる人材を割り当てること。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンタリング制度の関連キーワード企業内教育メンター制度入社配属間も無く期間従業員フレッシャー有期契約労働者ゆとり社員階層別教育訓練(研修)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone