見本(読み)ミホン

デジタル大辞泉の解説

み‐ほん【見本】

商品などの質や形状を買い手に知らせるために示す品。また、そのために作った物。サンプル。「実物見本」「束(つか)見本
具体的な例。手本。「使い方の見本を示す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みほん【見本】

〔見せ本、の意〕
商品などの品質や効用などを示すため、生産された全体から抜き出された一部の商品など。また、そのために特に作ったもの。サンプル。 「 -を取り寄せる」
例。ためし。模範。 「先生が-を示す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐ほん【見本】

〘名〙
① 目の前にあるよい例。手本。ためし。
※古文真宝桂林抄(1485頃)坤「匠石の大工が見本を伯楽が見馬てこそぢゃが、不知者が見ては千万人も難見ぞ」
② 全体の質や状態などを知らせるために、その一部、またはその物を取り出して示すもの。「見本帳」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「その剖開して聚貯せし様式(〈注〉ミホン)、二万の大数に至り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見本の関連情報