見本(読み)みほん

精選版 日本国語大辞典「見本」の解説

み‐ほん【見本】

〘名〙
① 目の前にあるよい例。手本。ためし。
※古文真宝桂林抄(1485頃)坤「匠石の大工が見本を伯楽が見馬てこそぢゃが、不知者が見ては千万人も難見ぞ」
② 全体の質や状態などを知らせるために、その一部、またはその物を取り出して示すもの。「見本帳」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「その開して聚貯せし様式(〈注〉ミホン)、二万の大数に至り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「見本」の解説

み‐ほん【見本】

商品などの質や形状を買い手に知らせるために示す品。また、そのために作った物。サンプル。「実物見本」「つか見本
具体的な例。手本。「使い方の見本を示す」
[類語](1手本かがみ模範範例標本サンプルひな型書式形式体裁フォーム年式かた様式型式かたしきフォーマットスタイルモデルパターンタイプ類型定型方式スタンダードプロトタイプ/(2好例適例

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android