コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンドーザ写本

デジタル大辞泉プラスの解説

メンドーザ写本

《Codex Mendoza》メキシコの絵文書。スペインによるメキシコ征服後の1534年に成立したとみられている。1616年、アントニオ・デ・メンドーザ総督からスペイン国王に送られる途中でフランス船に略奪され、イギリス人の著述家、リチャード・ハクルートなど複数の人の手を経て、オックスフォードのボドリアン図書館に渡った。謎の多いアステカ文明についての著述で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

メンドーザ写本の関連キーワード食品汚染ユスティニアヌス法典サンティリャーナ侯爵東南アジアの映画ルサージュアレクサンドリア写本アレッポ写本ギガス写本シナイ写本バチカン写本

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android