メンライ王像(読み)メンライおうぞう

世界の観光地名がわかる事典の解説

メンライおうぞう【メンライ王像】

タイ北部の都市チェンマイ北東160kmにある、同国最北の県都チェンライ(Chiang Rai)の市内にある像で、この町のランドマークになっている。チェンライは、1262年にメンライ王がランナータイ王国(ランナー王朝)を建国した際、最初に都を置いた町である。市内にはワットプラシン(Wat Phra Sing)、最初にエメラルド仏が祀られたことで知られるワットプラケオ(Wat Phra Kaeo)、ワットプラ・タートドイトーン(Wat Phra That Doi Thong)などの寺院が数多くあるほか、カレン族、リス族、モン族、アカ族、ヤオ族など少数山岳民族を訪問する観光ツアーの基点になっている。◇正式名称は「King Meng Rai The Great Monument」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android