コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンライ王像 メンライおうぞう

1件 の用語解説(メンライ王像の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

メンライおうぞう【メンライ王像】

タイ北部の都市チェンマイ北東160kmにある、同国最北の県都チェンライ(Chiang Rai)の市内にある像で、この町のランドマークになっている。チェンライは、1262年にメンライ王がランナータイ王国(ランナー王朝)を建国した際、最初に都を置いた町である。市内にはワットプラシン(Wat Phra Sing)、最初にエメラルド仏が祀られたことで知られるワットプラケオ(Wat Phra Kaeo)、ワットプラ・タートドイトーン(Wat Phra That Doi Thong)などの寺院が数多くあるほか、カレン族、リス族、モン族、アカ族、ヤオ族など少数山岳民族を訪問する観光ツアーの基点になっている。◇正式名称は「King Meng Rai The Great Monument」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンライ王像の関連キーワードタインマウスチェンマイマイナーチェンジ買売城チチェンイッツアЧерниговЧерновцыチェンマイのソンクランタクシン・シナワット首相チェンマイ・イニシアチブ(CMI)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone