コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尖閣諸島 せんかくしょとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尖閣諸島
せんかくしょとう

沖縄県沖縄島西方約 400kmの東シナ海に浮かぶ小島群。無人島で,沖縄県石垣市に属する。魚釣島,北小島,南小島,久場島黄尾嶼〈こうびしょ〉),大正島赤尾嶼〈せきびしょ〉)の五つの島と三つの岩礁からなる。合計面積 5.50km2。魚釣島が最大で,面積 3.82km2新第三紀層を貫いて噴火した火山島。近海はカツオの好漁場で,漁期には季節移住者による漁業が行なわれる。1960年代末に国連アジア極東経済委員会が,周辺の大陸棚に有望な石油埋蔵があると推論したのを契機として,1970年代に中国が島の領有権を主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

尖閣諸島

沖縄県石垣島の北約170キロに位置し、魚釣島など5島と岩礁群からなる無人島。日中それぞれ領有権を主張している。政府は02年度から3島の賃借契約を地権者と結び年間2450万円を支払ってきた。野田政権が今年9月に20億5千万円で購入し、所有権を国に移した。

(2012-12-11 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんかく‐しょとう〔‐シヨタウ〕【尖閣諸島】

沖縄県、八重山諸島北方にある諸島。石垣市に属する。魚釣島(うおつりじま)・北小島(きたこじま)・南小島・久場島(黄尾嶼(こうびしょ)とも)・大正島(赤尾嶼(せきびしょ)とも)などの無人島からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

尖閣諸島【せんかくしょとう】

琉球諸島のうち,西表(いりおもて)島の北方約160kmに点在する無人の小島群。尖閣列島とも。いずれも第三紀層を貫いて噴出した火山島で,最大の魚釣島(3.82km2)のほか久場島(黄尾(こうび)礁),大正島(赤尾礁),南小島,北小島(尖閣5島)などがあり,沖縄県石垣市に属する。
→関連項目アジア安倍晋三石垣[市]石原慎太郎王毅菅直人内閣漁業河野談話先島諸島東シナ海村山談話レアアース

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんかくしょとう【尖閣諸島】

沖縄県,八重山列島の北約160km,北緯26゜,東経124゜付近にある島群。石垣市に属する。魚釣(うおつり)島,黄尾嶼(こうびしょ)(久場(くば)島),赤尾嶼(せきびしょ)(大正島),北小島,南小島の無人島と,沖ノ北岩,沖ノ南岩,飛瀬(とびせ)などの若干の岩礁を含み,全島火成岩からなる。1895年に沖縄県に編入され,1900年諸島の調査を行った沖縄師範教諭の黒岩恒(ひさし)(1858‐1930)によって尖閣と命名された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんかくしょとう【尖閣諸島】

沖縄県八重山諸島の北方にある小島群。石垣市に所属。魚釣うおつり島を主島として、全島が無人島。付近の大陸棚には油田の存在が推定されている。中国も領有権を主張している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕尖閣諸島(せんかくしょとう)


沖縄県西部、石垣(いしがき)島北方の東シナ海に浮かぶ島嶼(とうしょ)群。魚釣(うおつり)島を主島に、北小(きたこ)島・南小島・沖ノ北岩・赤尾嶼(せきびしょ)(大正(たいしょう)島)・黄尾嶼(こうびしょ)(久場(くば)島)からなる。石垣市に属し、現在はすべて無人島。先島(さきしま)諸島に含まれる。1895年(明治28)日本領に編入。近海に海底油田がある可能性が指摘され、1971年(昭和46)以来、中国・台湾が領有権を主張し、漁民や民間団体による領海侵犯事件が何度も起きている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尖閣諸島
せんかくしょとう

沖縄県石垣市に属し、八重山列島北方の東シナ海中にある。主島の魚釣(うおつり)島(面積3.82平方キロメートル、中国名は釣魚島(ちょうぎょとう)または釣魚台(ちょうぎょだい))、北小島(面積0.31平方キロメートル)および南小島(面積0.4平方キロメートル)を含むグループと、それよりやや北の久場(くば)島(面積0.91平方キロメートル、黄尾嶼(こうびしょ))と、東へ離れた大正島(面積0.06平方キロメートル、赤尾嶼(せきびしょ))とからなるが、いずれも無人島である。1895年(明治28)に閣議決定に基づき日本領に編入する措置がとられたあと、民間人に払い下げられ、魚釣島を中心に羽毛採取やかつお節製造等の事業が一時活発に営まれた。第二次世界大戦後、尖閣諸島は南西諸島の一部としてアメリカの施政権下に置かれたが、1972年(昭和47)沖縄の返還に伴って日本領土に復帰した。ところが、1968年に行われたエカフェ(ECAFE。国連アジア太平洋経済社会委員会)など各種調査団の資源調査の結果、周辺の大陸棚に石油資源が埋蔵されている可能性のあることが指摘されてから、尖閣諸島は俄然(がぜん)中国側の関心をひくことになり、1971年以来、中国と台湾の双方が自国領であると主張している。中国による領有権主張の根拠は、中国・琉球(りゅうきゅう)間の航海に関する16世紀以来の文献に、尖閣諸島が記述されていることにあるが、日本は、これらの文献によっても尖閣は航路の目標にされたにすぎないから、1895年の日本の措置は国際法上有効な先占の行為であると反論している。また、「対日平和条約で日本が放棄した台湾」には、尖閣は含まれていない。2012年(平成24)9月11日、日本政府は地権者から魚釣島、北小島、南小島を購入、3島は国有化された。[太寿堂鼎・広部和也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尖閣諸島の関連キーワード東シナ海ガス田開発問題日中グリーンエキスポマダラヘビ(斑蛇)台湾遊漁船沈没事故海上連絡メカニズム自衛隊の離島防衛尖閣列島遭難事件中国漁船衝突事件グレーゾーン事態中国の核心的利益アジア欧州会合尖閣ビデオ問題戦略的互恵関係石垣市の要覧日台漁業協定日台漁業交渉P3C哨戒機日中漁業協定レーダー照射沖縄県石垣市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尖閣諸島の関連情報