コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モシュコフスキ Moszkowski, Moritz

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

モシュコフスキ

ドイツの作曲家。ポーランドに生まれ、ドレスデン音楽院とシュテルン音楽院、クラック音楽院で学んだ。卒業後は、ベルリンに留まって最終学校でピアノの指導にあたった。ピアニストとしても活躍し、生国のポーラン ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モシュコフスキ【Moritz Moszkowski】

1854‐1925
ポーランド出身のドイツのピアノ奏者,作曲家。ドレスデン,ベルリンで学び,1873年ベルリンでピアノ奏者としてデビューしたのち,ドイツ,フランス,ポーランドに演奏旅行して名声を博した。作曲家としては,ピアノ曲《スペイン舞曲》などのサロン用の小品にすぐれているが,そのほかにもオペラ《ボアブディル》(1892),交響詩《ジャンヌ・ダルク》,管弦楽組曲,バイオリン協奏曲,ピアノ協奏曲などを書き残している。なお,兄アレクサンダーAlexander M.(1851‐1934)はベルリンで活躍した音楽評論家である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

モシュコフスキの関連キーワードモシュコフスキ:名人芸の練習曲/piano soloヴラド ペルルミュテールモーリツ モシュコフスキクラク, テオドールペルルミュテールJ. トゥリーナJ. ニン8月23日トゥリーナビーチャム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android