生国(読み)ショウゴク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ごく〔シヤウ‐〕【生国】

《古くは「しょうこく」》生まれた国。生まれた故郷。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうごく【生国】

〔古くは「しょうこく」〕
生まれた国。生まれ故郷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いく‐くに【生国】

〘名〙 (「いく」は接頭語) 生き生きとした国。生気にあふれた国。豊かな国。
※延喜式(927)祝詞(九条家本訓)「生島(いくしま)の御巫の辞竟奉る皇神等の前に白さく、生国(イクミ)〔イククニの誤写〕足国(たるくに)と御名は白(まう)して」

しょう‐ごく シャウ‥【生国】

〘名〙 (古くは「しょうこく」) その人の生まれた国。出生地。
※今昔(1120頃か)一三「忽に本山を去て生国(しゃうこく)に行て」
※浮世草子・武家義理物語(1688)三「此両人一所に御、首尾よく勤めて、生国(シャウコク)に帰る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生国の関連情報