コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モネタ

2件 の用語解説(モネタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モネタ

イタリアのジャーナリストガリバルディに従い統一戦争に参加。のちミラノ国際平和会議議長として平和運動を推進。1907年ノーベル平和賞
→関連項目ルノー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モネタ
もねた
Ernesto Teodoro Moneta
(1833―1918)

イタリアのジャーナリスト、平和運動家。ミラノに生まれる。当時イタリアオーストリアの支配下に置かれていたが、彼は15歳のときにオーストリアへの反乱に参加した。1848年から1866年までイタリアの統一と独立のために努力し、ガリバルディとともに戦った。しかし1866年、職業軍人の道を捨て、一般市民に戻った。1867年日刊紙『世紀』Il Secoloの編集に参加、国家主義的主張を展開したが、やがて国際平和主義に転換した。1890年に年鑑『平和の友』L'Amico della paceの刊行を開始、1898年には雑誌『国際生活』La Vita internazionaleを創刊した。これら出版活動とは別に、1895年には国際平和局International Peace Bureauの委員会のイタリア代表となり、その後は多くの国際平和会議の座長を務めた。長い間のたゆみない平和活動が評価され、1907年にフランスのルノーとともにノーベル平和賞を受賞した。彼は無抵抗主義の絶対平和論者ではなく、国家防衛のための戦闘と国際緊張の緩和とは矛盾しないと考えていた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモネタの言及

【ユノ】より

…結婚の女神としては,ドミドゥカDomiduca(〈花嫁を花婿の家へ導く婦人〉),プロヌバPronuba(〈新婦を新婚部屋へ導く婦人〉),出産の女神としてはルキナLucina(〈子どもを光明の中へ出す女〉)などの呼称があり,一般に6月(彼女の名を冠してユニウスJunius月と呼ばれ,そこから英語のJuneなどが来ている)が結婚の好期とされた。またカピトリウム丘の北側の頂上にある彼女の神殿ではモネタMoneta(〈忠告者〉)と呼ばれたが,のちここに貨幣鋳造所が置かれたため,彼女の称号は貨幣の意となり,英語moneyなどの語源となった。 彼女の祭儀のうち,大祭は旧暦の元日にあたる3月1日のマトロナリアMatronalia祭で,この日,女性たちは奴隷に食事を供し,既婚女性が既婚男性から贈物を受けた。…

※「モネタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モネタの関連情報