コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノロギオン Monologion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノロギオン
Monologion

神学者アンセルムスの独語録で,主著の一つ。 1077年の作。本書は2部に分れ,第1部では最高の本質としての絶対者の存在論的論証,最高の本質による無からの創造,創造者と被造物の存在論的相関,最高の本質の存在論的位相およびその属性が論じられ,それがすべての実体をこえる個体的な霊としての実体であるとされている。第2部では,人格的に措定された絶対者の構造契機の分析を介して三位一体論の体系化を企てている。この三位一体論は,Alter Augustinusの名のごとく,むしろアウグスチヌスの学説の解釈ともいえるものであるが,神の存在と本質の体系的思索を求める時代の要請にこたえたものとして画期的な意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モノロギオンの関連キーワードアンセルムス(カンタベリーのアンセルムス)プロスロギオン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android