コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハンマド・ハサン・ハーン Moḥammad Ḥasan Khān

1件 の用語解説(モハンマド・ハサン・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モハンマド・ハサン・ハーン【Moḥammad Ḥasan Khān】

1843‐96
カージャール朝の官僚,歴史家。一般にエーテマードッサルタネE‘ṭemād al‐Salṭaneと通称される。1851年,9歳でダーロル・フォヌーン陸軍科の第1期生となる。1863∥64年,パリのイラン大使館に武官として赴任,4年間滞在した。1867∥68年,帰国してナーセロッディーン・シャー付のフランス語通訳官となり,シャーの3度にわたる訪欧(1873,77,89)にはいずれも随行した。彼の功績は官僚としてよりも,25年間におよぶ出版局長,同大臣の在任期間中(1872‐96)に行った歴史家としての文化事業にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モハンマド・ハサン・ハーンの関連キーワードカージャール朝キーパーチャージジンジャーエールターボチャージャーニュージャージーバージャー病イメージャーステージマネージャーナイト・マネージャーオペロンジャージ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone