コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハンマド・ハサン・ハーン Moḥammad Ḥasan Khān

世界大百科事典 第2版の解説

モハンマド・ハサン・ハーン【Moḥammad Ḥasan Khān】

1843‐96
カージャール朝の官僚,歴史家。一般にエーテマードッサルタネE‘ṭemād al‐Salṭaneと通称される。1851年,9歳でダーロル・フォヌーン陸軍科の第1期生となる。1863∥64年,パリのイラン大使館に武官として赴任,4年間滞在した。1867∥68年,帰国してナーセロッディーン・シャー付のフランス語通訳官となり,シャーの3度にわたる訪欧(1873,77,89)にはいずれも随行した。彼の功績は官僚としてよりも,25年間におよぶ出版局長,同大臣の在任期間中(1872‐96)に行った歴史家としての文化事業にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

モハンマド・ハサン・ハーンの関連キーワードザンド朝

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android