コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヒカン族の最後 モヒカンゾクノサイゴ

デジタル大辞泉の解説

モヒカンぞくのさいご【モヒカン族の最後】

《原題The Last of the Mohicansクーパーの小説。1826年刊。全5部からなる連作小説「革脚絆(かわきゃはん)物語」の第2部。1920年のクラレンス=ブラウン監督作品をはじめ、複数回にわたり映画化されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

モヒカン族の最後

1936年製作のアメリカ映画。原題《The Last of the Mohicans》。ジェームズ・フェニモア・クーパーの同名小説の映画化。監督:ジョージ・B・セイツ、出演:ランドルフ・スコット、ビニー・バーンズ、ヘザー・エンジェルほか。

モヒカン族の最後

1920年製作のアメリカ映画。原題《The Last of the Mohicans》。ジェームズ・フェニモア・クーパーの同名小説の映画化。監督:モーリス・トゥールヌール、クラレンス・ブラウン、出演:ウォーレス・ビアリー、アルバート・ロスコー、バーバラ・ベッドフォード、リリアン・ホールほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

モヒカン族の最後の関連キーワードレザーストッキング物語ラスト・オブ・モヒカンアメリカ文学橋本 福夫革脚絆物語児童文学冒険小説杉浦 茂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android