コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラバ Morava

デジタル大辞泉の解説

モラバ(Morava)

チェコ東部、ドナウ川に注ぐモラバ川に沿う地域。9世紀に大モラビア王国があった。1918年チェコスロバキアの一部となり、93年チェコとスロバキアとの分離に伴いチェコの東半部になる。モラビア。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

モラバ【Morava】

チェコ共和国の東部、ドナウ川支流のモラバ川流域地方。石炭・鉄鉱石を産出。九世紀、この地を中心にスラブ系諸族が大モラバ国を建てた。モラビア。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラバ

モラビア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モラバ
もらば
Morava

チェコ共和国東部の歴史的地域名。英語でモラビアという。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモラバの言及

【モラビア】より

…チェコ東部の歴史的地域名。チェコ語ではモラバMorava,ドイツ語ではメーレンMährenと呼ばれる。行政上は北モラビア,南モラビア地方に分かれる。…

※「モラバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モラバの関連キーワードモラバ川(ユーゴスラビア)モラバ川(チェコ)クロミェルジーシュクロムニェジーシュモラビア(チェコ)聖バーツラフ大聖堂ツゲンドハット邸オタカル[2世]チェコモラバ高地シュピルベルク城ザカリアス広場ブラチスラバ城クラグイエバツモラバ[川]アクシオス川チェコ共和国ゴットワルトバルティツェ聖モジツ教会リトミシュル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android