コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンシロドクガ(紋白毒蛾) モンシロドクガEuproctis similis

世界大百科事典 第2版の解説

モンシロドクガ【モンシロドクガ(紋白毒蛾) Euproctis similis】

鱗翅目ドクガ科の昆虫(イラスト)。翅の開張2~3cm。一般に夏の成虫は小型。体翅とも白色。腹部の後半は橙褐色。前翅の翅底部と後角近くには黒紋をもつが,個体によってはほとんど消失する。触角は櫛歯(くしば)状だが,雌では櫛歯が短い。日本本土から朝鮮半島を経て,ユーラシア大陸に広く分布する。幼虫は黒色,背面は帯状に橙褐色,黒色部の側方に白紋を連ねる。バラ科やブナ科など各種の葉を食べる害虫であるとともに,2齢以降には毒針毛を生じ,これが繭につけられるため,成虫の体にも毒針毛が無数に付着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報