コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテスパン Montespan

世界大百科事典 第2版の解説

モンテスパン【Montespan】

フランス南西部,オート・ガロンヌHaute‐Garonne県の村。人口約500。旧石器時代の洞窟遺跡がある。1922年にカストレN.Casteretによって発見された洞窟は長さ約2.5kmで,入口から約1km奥に位置する,長さ200mの支洞の最深部に,多くの粘土製の動物像が見いだされた。丸彫の粘土製の,頭部を欠く熊は,身体に投槍でつくられた42の深い穴があり,もとは本物の熊の頭がつけられていたらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンテスパンの関連キーワードマンサール(Jules Hardouinオルレアン公フィリップラ・バリエール公夫人モンテスパン侯夫人モンテスパン夫人ジャン トゥーレマントノン夫人ルイ(14世)マンサールトリアノンルイ14世ランブイエ10月5日ネグリジェ悪魔主義メーヌ公

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android