モール(読み)もーる(英語表記)Christian Otto Mohr

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モール(Christian Otto Mohr)
もーる
Christian Otto Mohr
(1835―1918)

ドイツの応用力学者。ホルシュタインのウェッセルブーレンで生まれる。ドイツ国営鉄道の建築技師を経て、シュトゥットガルト、ドレスデンの各工科大学教授を歴任、19世紀以来の静力学を体系化、整理し、図式解法に発展させた。なかでもトラスの図解力学およびクラペイロンの方程式(3連モーメント法)に著しい業績をあげ、梁(はり)の曲げに関するモールの定理、座屈理論におけるモールの応力円を創出した。ドイツにおける最初の名誉工学博士の一人。ドレスデンで没した。[村松貞次郎・藤原恵洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モールの関連情報