ホルシュタイン(英語表記)Holstein, Friedrich August von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルシュタイン
Holstein, Friedrich August von

[生]1837.4.24. プロシア,シュウェート
[没]1909.5.8. ドイツ,ベルリン
ドイツの外交官。 1860年プロシア外務省に入り,ロンドン,ワシントン D.C.,パリなどの大使館に勤め,ビスマルクに認められてその腹心となり,78年外務参事官,諸問題に関する豊富な知識と情報網によって影響力を強め,ビスマルクの失脚 (1890) 後,ドイツ外交の影の中心人物となった。ビスマルクの外交路線を 180度転換してロシアとの相互中立条約の更新やイギリスとの同盟に反対し,タンジール事件では強硬論を主張,ドイツを次第に孤立化させる主因となった。 1906年 B.ビューローによって解任されたが,その後も強い影響力をもち続けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホルシュタイン

ドイツ北部,シュレースウィヒ・ホルシュタイン州のアイダー川以南の地方。西は低湿地,東は低い丘陵で湖沼に富み,キール,リューベックなどの良港がある。1386年シュレースウィヒと合体。乳用牛ホルスタインの原産地として有名。
→関連項目シュレスウィヒ・ホルシュタイン問題

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルシュタイン
ほるしゅたいん
Holstein

ドイツ北部の歴史的地域で、中世の公国。現在のドイツ、シュレスウィヒ・ホルシュタイン州の南半分の地域。9世紀まではザクセン人の北部本領地であったが、804年カール大帝により征服された。12世紀以来シャウエンブルク家がホルシュタイン伯として北辺でデンマーク王と勢力を争い、14世紀末に北隣のシュレスウィヒ公国をデンマーク王より取得した。この家系が絶えてから、1460年以降シュレスウィヒとともにデンマーク王に帰属、1474年ホルシュタインは公国になった。[木谷 勤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ホルシュタイン

生年月日:1837年4月24日
ドイツの外交官
1909年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のホルシュタインの言及

【シュレスウィヒ・ホルシュタイン】より

…同国最北端の州で,ユトランド半島の南半を占め,北はデンマークに接し,東はバルト海,西は北海に面している。アイダーEider川をはさんで北がシュレスウィヒ(デンマーク語でスリースウィーSlesvig),南がホルシュタイン。バルト海のフェーマルン島,北海の北フリージア諸島およびヘルゴラント島を含み,面積は1万5659km2,人口271万(1995)。…

※「ホルシュタイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホルシュタインの関連情報