モール(英語表記)Mohl, Julius von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モール
Mohl, Julius von

[生]1800.10.25. シュツットガルト
[没]1876.1.3. パリ
ドイツの東洋学者。 1826~33年テュービンゲン大学教授。 26年フランス政府からペルシアの国民的叙事詩『シャー・ナーメ』の翻訳を委託され,その研究に生涯を捧げた (7巻,1838~78) 。 47年コレージュ・ド・フランス=アジア協会会長。主著『ゾロアスター教断片』 Fragments de la religion de Zoroastre (29) 。

モール
maul

ラグビーで,ボールを持った選手の周囲に敵味方各1人以上の選手が立ったまま密集しボールを奪い合っている状態をいう。攻める側にとっては,重要な攻撃の起点となる。ボールを持った選手を,近くにいる味方選手が楔を打つようにバインディングしてボールを確保する。モールを形成して巧みにボールコントロールしながら徐々に前進することをドライビングモールという。なお,ボールが地面にある場合の密集戦をラックという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モール(mall)

商店街で、並木を植えるなどして遊歩道風にしたもの。また、インターネット上の仮想的な商店街を指すこともある。「ショッピングモール」「オンラインモール

モール(maul)

ラグビーで、ボールを持ったプレーヤーの周囲に、双方のプレーヤーが立ったまま身体を密着させて密集する状態。

モール(mole)

もぐら。

モール(The Mall)

ナショナルモール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

モール

莫臥児とも書き,モール織とモール糸とがある。織物のモールは紋織物の一種で,16世紀ころに舶載された金銀糸入りの外来の染織品。名称の由来は産出されたインドのムガル帝国の〈ムガル〉の転訛であるといわれる。今日名物裂として珍重されているものは,一般に平地に段,あるいは竪縞の構成で,多様な花唐草を撚金糸,撚銀糸を交えて織りだしたものが多いが,なかには二重織(風通(ふうつう)),繻子(しゆす)地合いのものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モール【mall】

並木やベンチなどのある遊歩道。

モール【maul】

ラグビーで、ボールを持った選手の周りに両チームの選手が立ったまま体を密着させて集まった状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

モール

生年月日:1799年8月17日
ドイツの公法学者,政治家
1875年没

モール

生年月日:1800年10月25日
ドイツの東洋学者
1878年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モールの関連情報