コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラペイロン クラペイロン Clapeyron, Benoit Pierre Émile

6件 の用語解説(クラペイロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラペイロン
クラペイロン
Clapeyron, Benoit Pierre Émile

[生]1799.2.26. パリ
[没]1864.1.28. パリ
フランス物理学者,技師。パリのエコール・ポリテクニクで学んだのち,橋梁,鉄橋工事の実務にたずさわった。ペテルブルグで教えたこともある (1820~30) 。 1844年からパリの高等土木学校で教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クラペイロン(Benoît Paul Émile Clapeyron)

[1799~1864]フランスの物理学者。カルノーの熱機関に関する理論に数学的な裏付けを行い、熱平衡にある物質の二相の関係式を発表。熱力学の先駆者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラペイロン

フランスの技術者,物理学者。N.L.S.カルノーの熱理論の価値を初めて認め,1834年グラフ表現によりこれを平易化,発展させた。1843年熱素説の立場からクラウジウス=クラペイロンの式を導出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラペイロン【Benoît Paul Émile Clapeyron】

1799‐1864
フランスの技術者,物理学者。エコール・ポリテクニクで学んだ後,1820‐30年G.ラメとともにロシアへ赴き当地の科学技術教育に貢献した。帰国後は鉄道技師を経て土木工学校の教授を務めた。彼の業績の一つは,N.L.S.カルノーの熱機関の理論の意義に気づき,数学的な表現を与えて世に紹介したことである。それは《熱の動力について》(1834)でなされたが,この中でJ.ワット蒸気機関の性能を調べるのに用いたインジケーター線図を抽象化して,熱機関の作業物質の状態を,横軸に体積,縦軸に圧力をとったグラフで表示する方法を用いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クラペイロン【Benoît Paul Émile Clapeyron】

1799~1864) フランスの物理学者。カルノーの熱機関の理論に数学的表現を与えたほか、状態図の導入など熱力学に先駆的役割を果たす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラペイロン
くらぺいろん
Benoit Paul Emile Clapeyron
(1799―1864)

フランスの技術者、物理学者。パリ生まれ。エコール・ポリテクニク(理工科大学校)に学び、1820年ロシアに行き、ペテルブルグで教師、技師を務めた。1830年に帰国、鉄道技師として働き、パリ―サン・ジェルマン間の鉄道敷設の際は、R・スティーブンソンが長い勾配(こうばい)のために機関車の設計を辞退した後を受けて、その設計、製造を行った。1834年「熱の動力について」という論文を発表、S・カルノーの熱学の業績を全面的に支持し、解析的表現をとることでその考えに光をあてた。熱素説の立場にいたが、後の絶体温度の概念につながる関数を設定し、また水蒸気についての重要な関係式(クラウジウス‐クラペイロンの式)を導いた。いわゆる「カルノー・サイクル」をp‐vグラフに初めて表現し、ケルビンやクラウジウスに多大の影響を与えた。生涯、蒸気機関に関心をもち続けたが、彼自身、独創的に問題を発展させることはなかった。1848年科学アカデミーの委員になり、スエズ運河の計画や、軍艦に蒸気力を応用する計画の委員会などで活躍した。[高山 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラペイロンの関連キーワードカルノーコーシーコリオリダルブーデュロンブラベリウビルリボエコール・ポリテクニクゲイ・リュサック

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone