コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーレスコット Jakob Moleschott

世界大百科事典 第2版の解説

モーレスコット【Jakob Moleschott】

1822‐93
オランダ出身の生理学者。ライデン大学教授。第2次大戦前の邦語文献ではモレショットと呼ばれている場合も多い。ドイツで活躍したのち,スイスのチューリヒ大学,イタリアのトリノ大学,ローマ大学で教授を歴任。いわゆる俗流唯物論の代表的論客の一人。《植物および動物における代謝の生理学》(1851),《生命の循環》(1852),《人間および動物の自然学研究》(1857)などの著作がある。【広松 渉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモーレスコットの言及

【俗流唯物論】より

…19世紀の後半にドイツ文化圏で流行したある種の唯物論に対する蔑称。フォークトKarl Vogt(1817‐95),J.モーレスコット,L.ビュヒナーなどの立場を指す。この立場は一種の科学主義的唯物論であり,広義には機械論的唯物論に属するが,18世紀のフランス唯物論がもっぱら物理学的な知見に立脚したのに対して,生理学的な知見に定位し,さらにはダーウィン流の進化論と結合したところに特質がある。…

※「モーレスコット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モーレスコットの関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android