コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗流唯物論 ぞくりゅうゆいぶつろん vulgarized materialism

2件 の用語解説(俗流唯物論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俗流唯物論
ぞくりゅうゆいぶつろん
vulgarized materialism

機械論的唯物論ともいわれる。機械的因果法則によって一切のもの,人間の意識や精神現象までも説明し,すべてを物質に機械的に還元する唯物論。 18世紀の唯物論よりもさらに低級という意味で俗流といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくりゅうゆいぶつろん【俗流唯物論 vulgärer Materialismus[ドイツ]】

19世紀の後半にドイツ文化圏で流行したある種の唯物論に対する蔑称。フォークトKarl Vogt(1817‐95),J.モーレスコット,L.ビュヒナーなどの立場を指す。この立場は一種の科学主義的唯物論であり,広義には機械論的唯物論に属するが,18世紀のフランス唯物論がもっぱら物理学的な知見に立脚したのに対して,生理学的な知見に定位し,さらにはダーウィン流の進化論と結合したところに特質がある。このため,生理学的唯物論呼ばれることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俗流唯物論の関連キーワードゴシック小説ジングシュピールドイツ文学文化圏リゴドンイッヒロマンドイツ文字独文桜門ドイツ文学会文化圏説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone