ヤエクチナシ(英語表記)Gardenia jasminoides Ellis f.ovalifolia (Nakai) Hara

世界大百科事典 第2版の解説

ヤエクチナシ【Gardenia jasminoides Ellis f.ovalifolia (Nakai) Hara】

アカネ科の常緑低木。クチナシの八重咲品種で,中国や日本(九州地方)で古くから知られている。庭園に栽培されるほか,切花をとる目的で温室栽培も行われている。葉も枝もふつうのクチナシより大ぶりで,花は大輪八重咲きで香りもより強い。ヤエクチナシは19世紀ころヨーロッパに伝えられて,青年が恋人に最初に贈る花とされ,コサージ用の切花栽培が行われた。とくにアメリカでは大輪の品種が育成され,切花栽培が盛んであったが,第2次世界大戦後は激減した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヤエクチナシの言及

【クチナシ(梔子)】より

…静岡県以西から琉球,台湾,中国中南部,ベトナムに分布する。八重咲き品をヤエクチナシvar.ovalifolia Nakaiとよぶ。近年よく植えられる大輪の八重咲き品はオオヤエクチナシ(イラスト)で,アメリカで改良された。…

※「ヤエクチナシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android