コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコブ派 ヤコブはJacobites

世界大百科事典 第2版の解説

ヤコブは【ヤコブ派 Jacobites】

シリアで成立した単性論を奉じる一派。その教会は正式にはシリア正教会と呼ばれるが,6世紀の組織者ヤコブ・バラダイオスの名にちなんで一般にヤコブ派と称する。カルケドン公会議(451)の結果離反したシリアの単性論派は,たび重なる迫害にさらされ,独自の教会の形成がむずかしかったが,6世紀中葉になってヤコブ・バラダイオスの努力で教会の組織を整え,東方でネストリウス派と対抗しながら教勢を伸ばした。典礼用語はシリア語で,神学の水準も高かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヤコブ派の言及

【キリスト教】より

…インドのマラバル地方には4世紀にネストリウス派が渡来したが,16世紀末に布教したカトリック教会の弾圧にさらされ,教会が分裂した。ローマとの合同に従わなかった教派は,シリアの単性論派であるヤコブ派から主教を迎えたので,理論的にはネストリウス派を離脱したことになる。なお,カトリック教会渡来以前のインドのキリスト教徒をトマス派と総称するが,これにはネストリウス派以外のキリスト教徒もふくまれる。…

【ヤコブ・バラダイオス】より

…シリアの単性論派教会であるヤコブ派教会の設立者。ユーフラテス川上流地方の出身。…

※「ヤコブ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤコブ派の関連キーワードセルギウス[コンスタンチノープル]ユスティニアヌス(1世)合同東方カトリック教会ヤコブ[エデッサの]トマス・キリスト教徒バル・ヘブライウスバル・ヘブライオスマフリアノカトリコスニシビス単性説アミダ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android