コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤチスゲ(谷地菅) ヤチスゲCarex limosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤチスゲ(谷地菅)
ヤチスゲ
Carex limosa

カヤツリグサ科多年草北半球に広く分布し,日本では兵庫県以東の本州,北海道,千島の亜高山帯から高山帯のミズゴケ湿原などに群生する。根茎は長くはい,ほとんど叢生せず,稈は高さ 20~45cm。葉は粉緑色で幅 1.5~2.5mm。6~8月,2~3個の小穂が離れてつく。頂小穂は雄性,濃黄褐色で長さ約 2cmの線形。側小穂の1~2個は雌性,長さ 1.5~2cmの卵形で,細い柄があって下垂する。鱗片は卵形で褐色を帯びた銅色,先はとがるが芒 (のぎ) とならない。果胞は広楕円形で長さ 3.5~4mm,全体に乳頭状突起があり灰緑色で,先端は急にせばまって短い嘴となる。和名は,生育地 (湿原) を表わしたものといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報