コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤハズハンノキ(矢筈榛木) ヤハズハンノキAlnus matsumurae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤハズハンノキ(矢筈榛木)
ヤハズハンノキ
Alnus matsumurae

カバノキ科の落葉高木で,中部地方,東北地方中南部の深山の崩壊地などに生育する。幹は大きいもので高さ 20mほどになり,小枝は無毛で暗灰色を帯び,葉を互生する。葉は倒心円形で,先が矢筈のように凹入し,これが和名の由来になっている。春,葉の展開に先立って開花し,雌雄同株であるが雌雄の花序を別々につける。雄花序は尾状で (→尾状花序 ) ,枝先やその近くの葉腋に下垂する。雌花序は,雄花序よりやや下方の葉腋に上向きに3~4個つき,果期には球果状になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android