コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤハズハンノキ(矢筈榛木)(読み)ヤハズハンノキ(英語表記)Alnus matsumurae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤハズハンノキ(矢筈榛木)
ヤハズハンノキ
Alnus matsumurae

カバノキ科の落葉高木で,中部地方,東北地方中南部の深山の崩壊地などに生育する。幹は大きいもので高さ 20mほどになり,小枝は無毛で暗灰色を帯び,葉を互生する。葉は倒心円形で,先が矢筈のように凹入し,これが和名の由来になっている。春,葉の展開に先立って開花し,雌雄同株であるが雌雄の花序を別々につける。雄花序は尾状で (→尾状花序 ) ,枝先やその近くの葉腋に下垂する。雌花序は,雄花序よりやや下方の葉腋に上向きに3~4個つき,果期には球果状になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android