コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバノキ科 カバノキかBetulaceae

2件 の用語解説(カバノキ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバノキ科
カバノキか
Betulaceae

7属 100種以上の落葉樹を含む科で,おもに北半球にみられる。日本では5属 25種が知られている。代表的なものにシラカバ (白樺) ,ダケカンバ,ハシバミ (榛) ハンノキイヌシデなどがある。雌雄同株で,縁に鋸歯のある単葉を互生する。雄花は長く垂れた尾状花序をつくり,雌花は短い尾状花序に生じるか,束生した花群をつくる。果実は一般に小さい翼果である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバノキ科
かばのきか
[学]Betulaceae

双子葉植物、離弁花類。落葉高木または低木。雄花は小花序が集まって尾状花序をつくる。雌花雄花がつくる小花序は、基本的には1枚の総包葉、2枚の包葉、2枚の小包葉、4枚の花被(かひ)をもつ3個の花からなる。属によっては、この小花序の構造がさまざまに変化する。果実は堅果。6属約150種が知られ、おもに北半球の温帯、亜寒帯に分布する。日本にはハンノキ属、カバノキ属、クマシデ属、アサダ属、ハシバミ属の5属28種が野生する。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カバノキ科の関連キーワード再婚禁止期間タイソン ゲイ利回り北島康介藤田秀世西澤裕介百万遍念仏気温仁王会ラスパイレス指数

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カバノキ科の関連情報