カバノキ科(読み)カバノキか(英語表記)Betulaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバノキ科
カバノキか
Betulaceae

7属 100種以上の落葉樹を含む科で,おもに北半球にみられる。日本では5属 25種が知られている。代表的なものにシラカバ (白樺) ,ダケカンバ,ハシバミ (榛) ハンノキイヌシデなどがある。雌雄同株で,縁に鋸歯のある単葉を互生する。雄花は長く垂れた尾状花序をつくり,雌花は短い尾状花序に生じるか,束生した花群をつくる。果実は一般に小さい翼果である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバノキ科
かばのきか
[学]Betulaceae

双子葉植物、離弁花類。落葉高木または低木。雄花は小花序が集まって尾状花序をつくる。雌花雄花がつくる小花序は、基本的には1枚の総包葉、2枚の包葉、2枚の小包葉、4枚の花被(かひ)をもつ3個の花からなる。属によっては、この小花序の構造がさまざまに変化する。果実は堅果。6属約150種が知られ、おもに北半球の温帯、亜寒帯に分布する。日本にはハンノキ属、カバノキ属、クマシデ属、アサダ属、ハシバミ属の5属28種が野生する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android