コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマイグチ

2件 の用語解説(ヤマイグチの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヤマイグチ

 イグチ目イグチ科ヤマイグチ属の担子菌[Leccinum scabrum]で,食用にするキノコ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマイグチ
やまいぐち / 山猪口
[学]Leccinum scaber (Fr.) S. F. Gray

担子菌類、マツタケ目イグチ科の優れた食用キノコ。傘は径5~20センチメートルの半球形からまんじゅう形。表面は灰色、灰褐色、黒色など。肉は白く、空気に触れるとややピンク色を帯びる。下面の管孔(くだあな)は初め白色、胞子が成熟するころには淡灰色になる。茎は長さ6~12センチメートル、径1~2センチメートル、上部に向かって細くなり、表面は灰白色の地に、縦に並んだ黒ずんだ小さな粒状の鱗片(りんぺん)があるのが特徴。胞子は15~20マイクロメートル×5~7マイクロメートルの長紡錘形。シラカバ、ダケカンバ林にみられる菌根菌で、日本では亜高山地帯に多い。北ヨーロッパでは一級の食用キノコとして好まれる。北半球温帯以北に広く分布する。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤマイグチの言及

【イグチ(猪口)】より

…毒キノコはほとんどなく,食用キノコが多い。食用としてはヌメリイグチ属SuillusのアミタケS.bovinus (Fr.) Kuntze(イラスト)(マツ林に群生),ヌメリイグチS.luteus (Fr.) S.F.Gray(イラスト)(マツ林),ハナイグチS.grevillei (Kl.) Sing.(カラマツ林)や,ヤマドリタケ属BoletusのヤマドリタケB.edulis Fr.(雑木林),ヤマイグチ属LeccinumのヤマイグチL.scabrum (Fr.) S.F.Gray(カンバ林),キンチャヤマイグチL.aurantiacum (St.Am.) S.F.Gray(カンバ林),アカヤマドリL.extremiorientale (L.Vass.) Sing.(イラスト)(雑木林)などがすぐれている。この科のキノコはいずれも樹木の根に菌根をつくって共生するので,宿主となる木の種類と密接な関係がある。…

※「ヤマイグチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマイグチの関連キーワード商い口鋳口通い口欠唇在口憎体口庇い口競ひ口仕舞口ハナイグチ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone