コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマイグチ

2件 の用語解説(ヤマイグチの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヤマイグチ

 イグチ目イグチ科ヤマイグチ属の担子菌[Leccinum scabrum]で,食用にするキノコ

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマイグチ
やまいぐち / 山猪口
[学]Leccinum scaber (Fr.) S. F. Gray

担子菌類、マツタケ目イグチ科の優れた食用キノコ。傘は径5~20センチメートルの半球形からまんじゅう形。表面は灰色、灰褐色、黒色など。肉は白く、空気に触れるとややピンク色を帯びる。下面の管孔(くだあな)は初め白色、胞子が成熟するころには淡灰色になる。茎は長さ6~12センチメートル、径1~2センチメートル、上部に向かって細くなり、表面は灰白色の地に、縦に並んだ黒ずんだ小さな粒状の鱗片(りんぺん)があるのが特徴。胞子は15~20マイクロメートル×5~7マイクロメートルの長紡錘形。シラカバ、ダケカンバ林にみられる菌根菌で、日本では亜高山地帯に多い。北ヨーロッパでは一級の食用キノコとして好まれる。北半球温帯以北に広く分布する。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤマイグチの言及

【イグチ(猪口)】より

…毒キノコはほとんどなく,食用キノコが多い。食用としてはヌメリイグチ属SuillusのアミタケS.bovinus (Fr.) Kuntze(イラスト)(マツ林に群生),ヌメリイグチS.luteus (Fr.) S.F.Gray(イラスト)(マツ林),ハナイグチS.grevillei (Kl.) Sing.(カラマツ林)や,ヤマドリタケ属BoletusのヤマドリタケB.edulis Fr.(雑木林),ヤマイグチ属LeccinumのヤマイグチL.scabrum (Fr.) S.F.Gray(カンバ林),キンチャヤマイグチL.aurantiacum (St.Am.) S.F.Gray(カンバ林),アカヤマドリL.extremiorientale (L.Vass.) Sing.(イラスト)(雑木林)などがすぐれている。この科のキノコはいずれも樹木の根に菌根をつくって共生するので,宿主となる木の種類と密接な関係がある。…

※「ヤマイグチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone