コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマル半島 ヤマルはんとう poluostrov Yamal

2件 の用語解説(ヤマル半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマル半島
ヤマルはんとう
poluostrov Yamal

ロシア中部,西シベリア北部,ヤマロネネツ自治管区にある半島。カラ海に約 750km突出し,西はバイダラツカヤ湾,東はオビ湾に面する。面積約 12万 2000km2。一部に標高 70~90mの氷堆石丘があるが,全体に低平で,湖や湿地帯が広く分布し,北部,中部はツンドラ地帯,南部は森林ツンドラ地帯に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマル半島
やまるはんとう
Полуострова Ямал Poluostrova Yamal 

ロシア連邦、西シベリア北部、チュメニ州ヤマロ・ネネツ自治管区にある半島。ヤマルはネネツ語で「地の果て」の意味。長さ約700キロメートル、最大幅240キロメートル、面積12万2000平方キロメートル。西岸はカラ海のバイダラツカヤ湾、東岸および南岸はオビ湾に面している。北にはマリギン海峡を挟んでベールイ島がある。低平で(最高地点は標高84メートル)、湖や湿地が多い。ほぼ全域がツンドラに覆われている。オビ湾岸にノーブイポルト港がある。[宇根 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマル半島の関連キーワードネネツ族西シベリア平原シベリアンハスキーТобольскТомскサモエード諸族中央シベリア高原西シベリア西シベリア・タタールサモイエド語派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマル半島の関連情報