ヤン チヒョルト(英語表記)Jan Tschichold

20世紀西洋人名事典の解説

ヤン チヒョルト
Jan Tschichold


1902.4.2 - 1974.8.11
スイスのタイポグラファー
ライプツィヒ(ドイツ)生まれ。
ライプツィヒの印刷製本工芸アカデミーで学び、1922年より3年間同アカデミーの講師をする。伝達意図を明確にするため、書体をサン・セリフに、レイアウトを非シンメトリーにすべきであると主張。’26〜33年ミュンヘンでタイポグラフィとカリグラフィを指導する。’33年スイスに移住し、バーゼル・スクール非常勤講師となり、’42年市民権を獲得する。’35年頃伝統的タイポグラフィを受容するようになる。’47年イギリスに招かれ、ロンドンのペンギン・ブックスのアート・ディレクター。’50年帰国。晩年ローマン書体「サボン」を創作する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android