ヤングアダルトサービス(読み)やんぐあだるとさーびす(英語表記)young adult service

図書館情報学用語辞典の解説

ヤングアダルトサービス

おおむね12歳から18歳までの青年期利用者に対して主として公共図書館が行うサービス.従来は「青少年サービス」という用語が一般的であったが,児童サービスとの混同や包含を避けるために,この用語を使う例が多くなっている.ヤングアダルトの個人的関心,学習課題,娯楽などの総体的要求に応えて図書館資源を最大限に提供することを目的とする.他の年代と異なる独自の行動様式と興味を持ったヤングアダルトへの対応においては,専用の資料や施設よりも,むしろアプローチの仕方や力点の置き方に留意した,専門的知識と経験に基づく方法に重点が置かれる.中学校,高等学校の学校図書館や,大学,短期大学,高等専門学校などの図書館で実施されるヤングアダルトに対するサービスも「ヤングアダルトサービス」と呼ばれるが,その図書館の設置目的に応じてサービス内容は異なる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android