コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短期大学 たんきだいがくjunior college

翻訳|junior college

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短期大学
たんきだいがく
junior college

修業年限2年または3年の大学。高等学校の教育の基礎のうえに,より高度な専門学芸職業または実際生活に必要な専門教育を施す大学。短期大学設置基準が定められている。第2次世界大戦後の学制改革で,暫定措置として 1950年から設置されたが,64年に大学の一種として恒久化された。特に女子の高等教育機関として重要な役割を果している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんき‐だいがく【短期大学】

昭和25年(1950)に発足した2年制ないし3年制の大学。専門の学芸を教授・研究し、職業または実生活に必要な能力育成することを主な目的とする。短大

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

短期大学【たんきだいがく】

職業専門教育を主目的とする2年(もしくは3年)制の大学。第2次大戦後の学制改革に伴い,旧専門学校等で4年制大学に移行困難なものに対して暫定的に認められ,1950年発足。
→関連項目学位授与機構学士学校教育法高等教育大学(教育)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんきだいがく【短期大学】

2年または3年制の大学。略称,短大。第2次世界大戦後の教育改革により大学は4年制を原則とすることになったが,その基準に達せず,しかも価値ある旧制専門学校存続させるため,アメリカのジュニア・カレッジ制度を参考に1950年度から暫定的制度として発足した。その発足には,実際的な専門職業教育や中堅的社会人養成の要求も反映していた。その後〈専科大学法案〉が国会に上程されるなど短期大学の性格をめぐって曲折があったが,大学の制度的枠内での存続を望む関係者の要望と短期大学教育への社会的要求によって,64年大学の一種として恒久化された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんきだいがく【短期大学】

修業年限が二年または三年の大学。専門の学芸を教授研究し、職業や実際生活に必要な能力の育成を主な目的とする。短大。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短期大学
たんきだいがく

2年または3年の短期の高等教育機関で、中等教育修了者ないしは成人を対象として、一般教育と専門職業技術教育の完成教育、四年制大学への進学課程、ないしは成人の継続教育を置く大学。アメリカではジュニア・カレッジまたはコミュニティ・カレッジとよばれる。
 日本では、第二次世界大戦後の学制改革に伴い、旧制専門学校のうち、新制大学の基準に満たない学校が短期大学として再編成され、学校教育法の一部改正によって、1950年(昭和25)4月から暫定的な措置として発足。当初149校存在した。56年に文部省(現文部科学省)は、中央教育審議会の答申に基づいて、短期大学を恒久的なものとして認め、「深く専門の学芸を教授研究し、職業又は実際生活に必要な能力を育成することをおもな目的」とした。現行制度は、さらに75年に制定された短期大学設置基準にも基礎を置いている。99年(平成11)の統計によると、短期大学585校のうち503校(86.0%)を、学生数37万7853人のうち34万6678人(91.7%)の圧倒的多数を私学が占めていること、また、女子学生が、33万9742人(89.9%)と大多数を占めていることも、他国にみられない特色となっている。専門の学科別では家政科が23.9%ともっとも多く、ついで人文22.9%、教育17.1%、社会13.1%の順で、家政科を中心とするものの、教育、保健、芸術の専門ないしは準専門職業人を養成している。1991年施行の改正学校教育法により、短期大学卒業者に準学士の称号が与えられることとなった。また1990年代以降、少子化の影響を受け、18歳人口の減少に伴って、定員割れの短期大学、および廃校する短期大学も毎年数校みられる。
 第二次世界大戦後、欧米諸国でも短期short-cycleの高等教育が注目され、とくにアメリカでは、コミュニティ(ジュニア)・カレッジを中心に、地域の青年や成人を対象に、一般教育、職業教育、進学教育、成人教育、拡張教育が実施されている。[金子忠史]
『田中久子・森本武也著『アメリカの短期大学――コミュニティ・カレッジ』(1980・研成社) ▽梧桐書院編集部編『全国短期大学案内』各年版(梧桐書院) ▽金子忠史編『短期大学の将来展望――日米比較を通して』(1994・東信堂) ▽高鳥正夫、舘昭編著・清水一彦他著『短大ファーストステージ論』(1998・東信堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の短期大学の言及

【ジュニア・カレッジ】より

…アメリカの2年制高等教育機関。戦後日本の短期大学の一つのモデルとなった。20世紀初頭に出現,1920年代に急速に発展する。…

※「短期大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

短期大学の関連キーワード神戸ファッション造形大学山形県立米沢栄養大学東京都立科学技術大学東京都立保健科学大学愛媛県立医療技術大学鳥取県倉吉市福庭町京都光華女子大学ジュニアカレッジ関西福祉科学大学弘前医療福祉大学大阪府立看護大学熊本保健科学大学愛知みずほ大学福知山公立大学学習院女子大学栄養士養成施設名古屋文理大学群馬パース大学びわこ学院大学東日本国際大学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短期大学の関連情報