コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユキガガンボ ユキガガンボChionea nipponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユキガガンボ
Chionea nipponica

双翅目ヒメガガンボ科。ニッポンユキガガンボ,クモガタガガンボともいう。体長 5.5~6mm。体は褐色,短太で,一見クモに似ている。腹部は雌では細長いが,雄ではきわめて短く,巨大な鋏状の把握器をもつ。肢はがんじょうで長く,特に後肢腿節は太く,棍棒状であるが,脛節以下は細い。翅は完全に退化するが,平均棍は発達し,乳白色を呈する。雌の産卵管は長く突出する。成虫は冬季に出現し,積雪上にみられる。北海道,本州の山地に産する。 (→双翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユキガガンボの関連キーワードユキムシ雪虫

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android