コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニット構法 ゆにっとこうほう modular construction

1件 の用語解説(ユニット構法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ユニット構法

あらかじめ工場において、部屋単位もしくはいくつかの部屋から成る箱状ユニットを生産し、これらを現場でつなぎ合わせることによって住宅を構成するプレハブ構法の1つ。工場生産に委ねる部分が他の構法よりも多く、内装や設備、配線、配管などまで組み込まれているため、建設現場では据え付けや外周りの配線、配管などわずかな作業ですみ、工期が短いのが特徴。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユニット構法の関連キーワードPC工場財団予め若しくは逆睹談合請負プレキャスト鉄筋コンクリート約款(保険)原資産価格

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone