ユーゴ・ジョセフ シフ(英語表記)Hugo Joseph Schiff

20世紀西洋人名事典の解説

ユーゴ・ジョセフ シフ
Hugo Joseph Schiff


1834.4.26 - 1915.9.8
イタリアの化学者。
元・トリノ大学教授,元・高級研究所化学教授。
フランクフルト生まれ。
生理学者Moritz Schiffの弟でゲッチンゲン大学で学び、1857年理博となり、ベルン大学講師を経て、トリノ大学教授を歴任し、’79年高級研究所化学教授に就任し、ヨーロッパ有数の優れた研究室にする。又、’71年にはイタリア化学会誌を創刊する。塩化チオニルの生成やシフの塩基、アルデヒド・ケトンの識別法の発見などの業績がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android