コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化チオニル えんかチオニルthionyl chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化チオニル
えんかチオニル
thionyl chloride

化学式 SOCl2 。塩化スルフォニル,チオニルクロリドともいう。無色,発煙性で刺激臭のある液体。沸点 76℃。ベンゼン,クロロホルムなどの溶媒と混り合うが,水とは反応して SO2 と HCl を生じる。その液体や蒸気は皮膚や粘膜をおかす。有機合成で水酸基やメルカプト基を塩素原子で置換するのに用いられる。また,グリニャール試薬と反応させて,スルホン基を導入するのに使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんかチオニル【塩化チオニル thionyl chloride】

塩化スルフィニルsulfinyl chlorideの慣用名。化学式SOCl2。二酸化硫黄SO2と五塩化リンPCl5を直接反応させ,副生成物の塩化ホスホリルPOCl3(沸点105.1℃)を蒸留(77~79℃)によって分離して得られる。 SO2+PCl5―→SOCl2+POCl3三酸化硫黄に二塩化硫黄を作用させても得られる。 SO3+SCl2―→SOCl2+SO2無色で,発煙性,刺激臭をもつ液体。融点-104.5℃,沸点78.8℃,比重1.638(20℃)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩化チオニルの関連キーワードユーゴ・ジョセフ シフアクリロニトリルチオニルクロリド有機ハロゲン化物塩化カドミウム酸ハロゲン化物塩化ベンゾイルリチウム電池塩化アセチルメルカプト基化学修飾電極クロロホルムハロゲン化二酸化硫黄一次電池塩化硫黄酸化硫黄水酸基塩化鉄塩素化

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android