ユージーン ジョラス(英語表記)Eugene Jolas

20世紀西洋人名事典の解説

ユージーン ジョラス
Eugene Jolas


1894 - 1952
米国のジャーナリスト,編集者
フランスの東部、ロレーヌで育ち、幼時から英仏独の3カ国語を使う。アメリカに戻り新聞記者生活をした後、夫婦でパリに移住。1927年シルヴィア・ビーチのシェイクスピア書店から文芸学術誌「トランジション」を編集、創刊。初めは月刊誌、’28年からは季刊誌となる。超現実主義、象徴主義に共感し、ジョイスの「フィネガンの徹夜祭」初稿を’27〜30年にかけて連載した事は大きな意味を持ち、また西欧の前衛モダニズム運動の中心的活動者となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android