コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーロジャスト ゆーろじゃすと Eurojust

1件 の用語解説(ユーロジャストの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ユーロジャスト

加盟国司法当局間の、捜査・起訴に関する協力のための世界で初めての国際的常設ネットワーク。2002年に発足したEUの新しい機関。ヨーロッパの越境組織犯罪対策を強化するために、加盟国を支援して、ヨーロッパ規模の捜査を実施、調整する。主な活動内容は、加盟国検察当局間の適切な調整、司法共助と犯人引き渡しの実施の推進、組織犯罪の捜査・起訴、など。オランダハーグ高等法院(コレージュ)を設置し、政策委員会、評価委員会、事例委員会などをまとめる。大量虐殺や人道に対する犯罪、戦争犯罪人を追及するために、ヨーロッパ各地に窓口が作られ、ネットワークが構築された。ニース条約では、その協力が加盟国の裁判所、その他管轄権を有する官庁との間の協力にまで及ぶことが付け加えられた。ユーロジャストは、全25加盟国のそれぞれの国が任命した代表によって構成され、検察官司法官、同様な権限をもつ司法警察職員で組織されている。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユーロジャストの関連キーワード司法省法務起訴便宜主義司法共助司法官憲司法法総会決議アジェンダ2000ココム加盟国仏の政略疑惑

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone