コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム) ようそさんカリウムpotassium iodate

1件 の用語解説(ヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようそさんカリウム【ヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム) potassium iodate】

化学式KIO3。正塩および酸性塩KH(IO3)2が普通に知られている。正塩は無色単斜晶系結晶。わずかにひずんだペロブスキー石(灰チタン石)CaTiO3型構造。したがってIは6個のOに囲まれており,独立したIO3は存在しない。原子間距離I―O2.23Å。75℃と220℃に転移点があり,最高温相は菱面体格子。室温相は強い複屈折と強い圧電気が認められる。融点560℃(分解を伴う)。塩素酸塩臭素酸塩よりは安定であるが,有機物などの可燃性物質と混ぜて熱するか,衝撃を与えると爆発する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム)の言及

【ヨウ素酸(沃素酸)】より

…塩素酸塩,臭素酸塩より安定であるが,炭素あるいは有機物を混ぜて熱すると爆発する。ヨウ素酸カリウムは分析用試薬として重要である。【大滝 仁志】。…

※「ヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone