コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰チタン石 かいちたんせき

2件 の用語解説(灰チタン石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐チタンせき〔クワイ‐〕【灰チタン石】

基本的な化学組成チタン酸カルシウム(CaTiO3)とする複酸化物からなる鉱物。高温で等軸晶系、低温でペロブスカイト構造という結晶構造をとる。超塩基性岩アルカリ深成岩、キンバーライト中などに産する。ペロブスカイト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰チタン石
かいちたんせき
perovskite

複酸化鉱物の一つ。ペロブスカイト(ペロウスカイト)ともいう。鉱物としてばかりでなく、原子配列の一つの基本形としてペロブスカイト型化合物(一般式はMXO3)というように用いられ、地下深部の超高圧条件下で上記の形を有する化合物のなかに、この構造をとる物質があることが予想されている。ちなみにこの一般式でのほかの形の原子配列としては、チタン鉄鉱型構造FeTiO3があるが、これは結合半径のやや大きい鉄(Fe)と小さいチタン(Ti)の2種の金属イオンからなる結晶構造であり、ペロブスカイト型は結合半径の大きいMと比較的小さいX(M、Xはイオンを表す)がつくるものである。アルカリ深成岩、キンバレー岩、超塩基性岩、カーボナタイト中に産するほか、高温生成でケイ酸分に比較的乏しいスカルン中にも産する。CaTiO3という式を基調として、きわめて著しい化学組成変化を示すことでも有名である。自形は立方体、あるいはこれを基調とした立体で、基本的に等軸晶系の高温相の形態を保持する。斜方晶系の低温相への転移による原子の変位はごくわずかである。命名はロシアの鉱物学者ペロウスキー伯爵Count Lev Alexeevich Perovsky(1792―1856)にちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の灰チタン石の言及

【ペロフスカイト】より

…鉱物の一種。灰チタン石ともいう。化学組成CaTiO3。…

※「灰チタン石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone