コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体アンモニア エキタイアンモニア

百科事典マイペディアの解説

液体アンモニア【えきたいアンモニア】

アンモニアを液化したもの。無色流動性の液体。水とよく似た性質をもち,多くの無機・有機化合物を溶かす。非水溶媒として用いられるほか,冷凍用冷媒として利用されてきた。
→関連項目アンモニア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えきたいアンモニア【液体アンモニア liquid ammonia】

液安ともいう。強いアンモニア臭を有する無色,流動性の液体。沸点-33.35℃,凝固点-77.7℃,臨界温度132.4℃,臨界圧112気圧,比重0.817(-79℃),屈折率nD=1.325(-15℃),粘度0.2543センチポアズ(-33.5℃)(水の粘度は常温で約1センチポアズ),誘電率22.7(-50℃)(水の誘電率は常温で約80)。ドライアイス‐メチルアルコールなどの冷媒を用いアンモニアNH3を液化して容易に得られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えきたいアンモニア【液体アンモニア】

冷却、圧縮して液化したアンモニア。無色透明の液体。沸点摂氏マイナス33.4度。水同様、各種の物質をよく溶かす。肥料、硝酸の製造原料に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

液体アンモニアの関連キーワードリンデ(Carl Paul Gottfried Ritter von Linde)アレン(脂肪族不飽和炭化水素)C.P.G.R.v. リンデシラン(ケイ素の水素化物)カルバミン酸アンモニウムアンモニウムアマルガムミヤオリー(苗栗)市トリフェニルメタンシアン化ナトリウムシアン化カリウム水素化ナトリウム臭化アンモニウムナトリウムアミドアンモニア冷凍法炭化カルシウムアンモニア製品アンモノリシスプロピルアミンアンモノ化合物フランクリン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

液体アンモニアの関連情報