コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ素酸 ヨウそさん iodic acid

2件 の用語解説(ヨウ素酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウ素酸
ヨウそさん
iodic acid

化学式 HIO3 。五酸化二ヨウ素を水で溶解するか,ヨウ素を硝酸,過塩素酸または過酸化水素によって酸化すると得られる無色の斜方晶系結晶。光に当ると黒変する。比重 4.63,融点 110℃ (分解) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ素酸
ようそさん
iodic acid

ヨウ素のオキソ酸の一つ。ヨウ素を発煙硝酸または塩素酸水溶液と加温してつくる。あるいは五酸化二ヨウ素I2O5を水に溶かしてつくる。特異臭のある無色の結晶。加熱すると、約70℃から脱水が始まり、110℃で融解してHI3O8(比重4.734)となり、220℃で五酸化二ヨウ素I2O5になる。光で徐々に分解する。吸湿性はない。水100グラムに310グラム溶ける(16℃)。水溶液は酸性で、強い酸化剤である。ヨウ素酸塩MIIO3は、アルカリ金属やアルカリ土類金属の水酸化物溶液にヨウ素を加えて熱するか、塩素酸塩水溶液にヨウ素を反応させてつくる。一価金属塩はナトリウム塩(五水和物)のほかは無水塩で、二価金属塩には無水塩、一水和物、二水和物、四水和物がある。塩素酸塩や臭素酸塩より安定であるが、酸化力が強く、炭素、有機物と混ぜて熱すると爆発する。ヨウ化水素を酸化してヨウ素と水にする。
  HIO3+5HI3I2+3H2O
水溶液は硝酸銀、塩化バリウム、酢酸鉛で無色の沈殿を生じる。ヨウ素酸カリウムKIO3の標準液を用いる酸化滴定はヨウ素酸塩滴定とよばれ、ヨウ化物、亜ヒ酸塩、タリウム()塩、ヒドラジンなどの定量に用いられる。
 ヨウ素のオキソ酸にはその他、過ヨウ素酸、オルト過ヨウ素酸、次亜ヨウ素酸などがある。オルト過ヨウ素酸は化学式H5IO6。オルト過ヨウ素酸バリウムBa3H4(IO6)2の水溶液に濃硝酸を加えてつくる。無色の単斜晶系の結晶。潮解性。水、エタノール(エチルアルコール)によく溶け、水100グラムに112グラム(25℃)溶ける。五塩基酸であるが強酸ではない。熱すると約132℃で融解し、水を失って過ヨウ素酸HIO4となる。過ヨウ素酸はメタ過ヨウ素酸ともよばれ、無色の固体。吸湿性。熱すると110℃で昇華し、138℃でI2O5となる。過ヨウ素酸塩には、オルト酸塩MI5IO6、メタ酸塩MIIO4のほか二メソ酸塩MI4I2O9、メソ酸塩MI3IO5、二オルト酸塩MI8I2O11など複雑な組成のものが多い。ヨウ素酸塩のアルカリ性溶液を、塩素または電解により酸化してつくる。一般にオルト酸塩がメタ酸塩より安定である。
 次亜ヨウ素酸HIOは水溶液としてのみ存在する。ヨウ素の水溶液を酸化水銀()と振って得られる。弱酸。次亜ヨウ素酸塩は遊離の酸よりやや安定であるが、水溶液としてだけ知られ、酸化力、漂白作用が強い。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨウ素酸の関連キーワード五酸化二燐酸化砒素砒酸五酸化燐四酸化二窒素五酸化二リン(五酸化二燐)酸化ヒ素(酸化砒素)ヨウ素酸(沃素酸)五酸化二窒素五酸化二ヒ素

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone