コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨストの法則 ヨストのほうそくJost's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨストの法則
ヨストのほうそく
Jost's law

1897年 A.ヨストによって提起された,記憶に関する法則。同じ強さの2つの連合がある場合,そのうちのより古い連合のほうが新しいものよりも,反復によってその強さはより多く増加し (第1法則) ,また古い連合のほうが新しいものに比べて,時間とともにその強度の減衰する速さが緩徐である (第2法則) 。これは忘却過程,特に分散学習が集中学習よりも能率的である事実を説明するために提唱された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

ヨストの法則【Jost's law】

同じ強さの二つの記憶があり,それを記憶した時点が異なる場合に,古いほうが反復に際しては有利であり,新しいほうはときの経過とともに速やかに忘却される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ヨストの法則の関連キーワード国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学オールコックカンドウ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android