コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨセリン・デ・ヨング(英語表記)Jan Petrus Benjamin de Josselin de Jong

世界大百科事典 第2版の解説

ヨセリン・デ・ヨング【Jan Petrus Benjamin de Josselin de Jong】

1886‐1964
オランダの民族学者で,ライデン大学教授としていわゆるライデン学派の指導者であった。はじめC.C.ユーレンベックのもとで言語学を研究し,ライデン民族学博物館のアメリカ,アフリカ部に属していたが,のちライデン大学に移った。1933‐34年に東部インドネシアで調査をした。彼は博物館における同僚のW.H.ラッセルスからの刺激もあって,デュルケームやモースのフランス社会学の影響を強く受け,独自のオランダ構造主義をうち立てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android