コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨセリン・デ・ヨング Jan Petrus Benjamin de Josselin de Jong

1件 の用語解説(ヨセリン・デ・ヨングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨセリン・デ・ヨング【Jan Petrus Benjamin de Josselin de Jong】

1886‐1964
オランダの民族学者で,ライデン大学教授としていわゆるライデン学派の指導者であった。はじめC.C.ユーレンベックのもとで言語学を研究し,ライデン民族学博物館アメリカアフリカ部に属していたが,のちライデン大学に移った。1933‐34年に東部インドネシアで調査をした。彼は博物館における同僚のW.H.ラッセルスからの刺激もあって,デュルケームモースフランス社会学の影響を強く受け,独自のオランダ構造主義をうち立てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨセリン・デ・ヨングの関連キーワードナンバースクール岩石区絵本日活(株)少年犯罪水俣病帝国大学スティーブンソン帝国大学クラーク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone