コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨツンヘイム Jötunheimr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨツンヘイム
Jötunheimr

北欧神話の神々の敵,霜の巨人たちのすみか。オーディンとビリとベの3神が,原古に霜の巨人たちの祖先のイミルを殺して,その死体から世界を創ったとき,イミルから流れ出た血によって大洪水が起り,霜の巨人たちは全滅したが,ただベルゲルミルとその妻だけが臼に乗って難を逃れ,生残った。この夫婦から生じた巨人の種族のために,オーディンはイミルの肉から彼が創った大地のはての,世界を取巻く大海に面した地域をすみかとして与え,イミルのまつげを植えて造った城壁によって,人間の住むミズガルズに彼らが侵入できないようにしたという。世界樹イグドラシルの根の一つはヨツンヘイムに伸び,その尽きるところには,巨人ミミルの所有する無限の知恵を蔵する水の湧く泉がある。 (→アスガルズ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨツンヘイム
よつんへいむ
Jtunheimar

北欧神話に現れる巨人の国。『エッダ』によると、巨人の国は神々や人間の国から遠く離れた北東の果てにある。人間界との間にはエーリバーガル川が流れ、ワシの姿をした巨人フレースベルグが住み、風はその翼からおこるという。しかしその場所は北であったり、東とされたり、天の縁(ふち)にあるとか海の向こう、あるいは山の向こう側とされるなど一定していない。人間界に似てヨツンヘイムには山や牧場があり、巨人たちはそこで狩りや漁をしたり、家畜を飼うという。また、その館(やかた)は燃える炎で取り巻かれているともいう。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨツンヘイムの関連キーワードウトガルザロキゲフィヨンシヤルフィ北欧神話フレイヤゲルダノートスリム

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android